原料米と製品について放射能検査を行っています

食品中の放射性物質については、平成24年4月より、それまでの暫定基準値よりも厳しい新基準が厚生労働省によって設けられ、実施されています。

仁井田本家では、自然米の玄米から、瓶詰・出荷まで、それぞれの場面での放射能検査を、より多くそしてスピーディーに行えるよう、弊社たまござけに使用していた自然卵でおなじみの「けるぷ農場」さんのご協力をいただき、自分たちで検査をする体制を整えました。
使用する検査機器はベルトールド社製「ガンマ線スペクトロメーターLB2045」となります。

原料米・仕込水・製品について、放射能が「不検出」であることを確認しておりますので、どうぞ安心してお召し上がり下さい。

 

平成23年度自然米玄米 放射能検査結果

ページを閉じる